新着情報

バフの重ねがけ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(2016/04/14 移行ついでに少しだけ更新)
色々バフの重ねがけ前提なことを載せてましたが、そもそもバフの重ねがけって何!?って人もいると思うので、その説明をします。

まずバフには幾つかの種類があります。

その中で攻撃に関するものを挙げます。

・物攻アップ
 例
 パワーオブラブ(味方全体)
 アサルトスタンス(自己単体)

・魔攻アップ
 例
 小悪魔エンジェル(味方全体)
 精神集中(自己単体)

・物理ダメージアップ(以降、物理ダメup)
 例
 ボーデンプラッテ(敵味方全体)
 背水の陣(味方全体) 
 アサルトスピリット(自己単体)

・属性ダメージアップ(以降、属性ダメup)
 例
 エレメンタルロウ(敵味方全体)
 シャープウィンド(+風属性強化)
 リベンジエレメント(+属性強化)

・属性攻撃アップ(以降、属性強化)
 例
 トリリベンジ(味方全体)
 犠牲の祈り・水火(味方全体)
 リベンジファイア(自己単体)

・魔法攻撃アップ(以降、魔法強化)
 例
 リベンジ黒魔法(味方全体)
 リベンジ白黒魔(味方全体)
 サバト(味方全体)

・コンボダメージアップ
 例
 鷹の鋭爪(自己単体)
 スノウホーク(味方全体)

・クリティカル時ダメージアップ
 例
 慧眼(味方全体)
 (現状これだけ)

・浮き状態ダメージアップ
 例
 天突の構え(自己単体)
 フライトスタンス(自己単体)

・種族特攻
 例
 ターンアンデッド
 (これだけしか知らない)

でこれらのバフは、同じ種類のものは重ねがけすると効果が高い方だけが有効になってしまいます。

その為、重ねがけする場合は異なる種類のバフを重ねがけする必要があります。(但し、属性強化や魔法強化は別の属性・魔法であれば重ねがけにはならないので、ある意味バフを重ねること自体は出来る)

なお、チャージは応援強化の効果が得られないことや、バフ監視装置!?(チャレダン)でバフと認識されてないようなので、↑の種類には含めていません。

ちなみにバフの内、ステータスアップ系のバフは枠レベル上げ効果があるので、優先的に枠レベル上げすることをオススメします。
_20160414_215210

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

りょぐぅをフォローする

スポンサーリンク